<コピーのじかん>創刊雑誌「DRESS」のタイトルがおもしろい

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Share on Facebook

こんにちは、お久しぶりのライター陽子です。

今週はファッション系の原稿に追われておりました。その流れで、今回は雑誌のタイトル、切り口のおもしろさについて書いてみたいと思います。

仕事柄、雑誌のキャッチコピーやタイトルをチェックするのが日課なのですが、本日、見つけたお宝タイトルがこちら。

「晩婚さんいらっしゃい」

これ、今月、創刊され話題になっている雑誌「DRESS」の連載コーナータイトルです。
表紙は女子からの支持率が絶大な米倉涼子さん。
メインターゲットはシングル・アラフォー。
「LOVE40 30代までは練習です。40歳からが女の本番」というコンセプト。

表紙画像

 

 

 

 

 

 まさに、そんな雑誌だからこそだなと。

タイトルのつけ方としてパロディ的(「新婚さんいらっしゃい」)なものは定番なので、そこは普通。でも、「晩婚」というマイナスに使われがちなコトバを、「晩婚のススメ」とか「私たち、晩婚で幸せです」とかいうようにお仕着せがましいところもなく、おもしろおかしく、軽やかに表現しております。(あくまでアラサー女の意見ですが)

そんなわけで、ほかのタイトルも見てみました。

「ヒールから降りられない人のためのプライド靴カタログ」
→おしゃれだからとか、きれいに見えるとかだけじゃないんです。プライドなんです。

「もう1度、恋する女になるメイク」
→1度、恋をあきらめた前提なんですね。

「女のための女の内閣、マニフェスト宣言」
→社会を変えてみせる!という覚悟が見えます。

メイクや靴の企画はどの女性誌にもありますが、切り口次第でこんなにエッジが効くんですよね。

例えば、「コワーキング紹介」をするとしても、

・女性ファッション誌風
「毎日コワーキング宣言!!」

・日経ウーマン風
「100人のコワーキング実録」

・ブルータス風
「コワーキングと僕らの未来」

なんて(イメージです)、切り口や言葉選びで「らしさ」を出す。

 そんな風にして雑誌を読んでみると、おもしろいですよ。
たまにそんなコピーを利用して、「・・・宣言」してみたり、「・・・新時代」とか言ってみるのも楽しいかも。

私はとりあえず、最近すっかり(特に経堂界隈では)やる気のない服装になっているので、(ノーメイク、花粉症めがね、ダウン、デニム、スウェット、ペタンコ靴・・・)

「もう1度、恋する女になるファッション」

目指したいと思います。

About yoko

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Share on Facebook

編集者、ライター、作家、脚本家。最近の主な仕事は通販ライター、メルマガ、電子書籍など。30代女性がターゲットのものが多いです。

This entry was posted in Members' Daily Report, Women's Saturday. Bookmark the permalink.

Comments Closed

Comments are closed.