今日初めて会った人と、仕事をシェアできますか?(コクヨ WORKSIGHTに掲載)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Share on Facebook

シチュエーションの違いでコミュニケーションの敷居は低くなる。

コワーキングスペースの最大の特徴は、コミュニケーションがあること。なんとなく仕事をしているうちに、隣に座った見知らぬ人と自然なコミュニケー ションが発生するんです。「今日、初めてですか」とか「使い方、分かりますか」とか「何の仕事してるんですか?」とか。そんな質問からスタートして、気付 いたら一緒に事業を立ち上げていた、なんてことはよくあります。

たいていの人は人見知りですよね。僕もそうです。駅の改札で知らない人に「元気?」なんて声をかける勇気はとてもありません。そんなことしたら、お かしい人だと思われますしね。でも、改札での立ち話はおかしいけれど、コワーキングスペースだと大丈夫。シチュエーションの違いで人間関係の敷居は低くな るんです。

コクヨのウェブマガジン『WORKSIGHT』のPERSONのコーナーでPAX Coworkingのチーフカタリスト佐谷恭を取り上げていただきました。長めの記事なので、コワーキングのことや背景にある思想について、理解しやすいと思います。ぜひ読んでみてください。

http://www.worksight.jp/issues/person/000099.html

About kyopaxi

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Share on Facebook

株式会社旅と平和 代表取締役。日本手食協会 理事長。
交流する飲食店「パクチーハウス東京」とパーティするように仕事する「PAX Coworking」を創設。シャルソン創始者。コミュニティづくりをしつつ、旅人の力で世界を平和にするため邁進中。著書に『ぱくぱく!パクチー』(情報センター出版局, 2008)。
Facebook / Twitter / Blog

メルマガ購読・解除

 

paxi house tokyo

This entry was posted in Publicity. Bookmark the permalink.

コメントを残す