子どもがいる人にも利用しやすくしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Share on Facebook

PAX Sundayの佐谷恭です。

今日はすごく久しぶりに経堂に行かないで過ごした日でした。明日卒園式を迎える息子が、「今日は将棋週間!」(将棋の日と言おうとしてウィークにしてしまったようです^^)と主張しており、朝から将棋、歩なし将棋、はさみ将棋、周り将棋などを10回ぐらいやりました。

昨年末に息子は将棋を覚え始めたのですが、最近は一瞬ドキリとする手を指すようになってきました。子どもの成長は著しいです。特に、幼稚園に入ってからの2年間の成長は目覚ましいですね。身体だけでなく頭が発達してくる。

将棋に関していうと、全体としての戦略は皆無なのでしばらくは大丈夫そうですが、始めて一週間ほどですでに負けまくっているものがあります。それはあやとり。小学校1-2年のときに、教室でなんとなく取り方を女子から学ばされた記憶があり、少々覚えてはいるのですが、息子が教えてくれるものが全然覚えられない。しかも、教えてもらいながらやっても全然完成形ができないです。不器用なのはわかっているけれど、日に日に上達する息子は、一週間前は同等レベルだったのに、すでに先生と生徒というより先生と赤ちゃんぐらいの差がついてしまいました。

僕が起業しようと最終的に決意したのは、この息子が誕生する兆しが見えたときでした。子どもと同じぐらい成長し続けたいという想いがあり、会社経営と言う未知のことをしてきて学ぶことは多いです。コワーキングスペースを作ってからは、周囲の学ぶ姿勢にとても刺激を受けています。それぞれ専門分野が違い、一人ひとりは自分の業務に必要だったり、趣味の延長として知識を身に着けているのでしょうが、傍から見ると次々に見知らぬ世界へ飛び込んでいるように見えるので、その一端を聞きかじるだけでもとても楽しいのです。

というわけで、家族とコワーカーから得るものがとても大きいのですが、今日は子どもとコワーキングについて一つの決意を表明しようと思います。

すでにcococi Coworking SpaceZEN Coworkingなどでは子どもがいる人のためのサービスをさまざま展開しています。PAX Coworkingはここで働く人の傾向としては、そうしたサービスがすぐさま必要ではないという判断から特にこの点で何かするということはありませんでしたが、地域に根差したスペースになること、そしてコワーカーの多様性を増すためにチャレンジしてみたいと思います。

ご意見・ご要望をお待ちしています。

About kyopaxi

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Share on Facebook

株式会社旅と平和 代表取締役。日本手食協会 理事長。
交流する飲食店「パクチーハウス東京」とパーティするように仕事する「PAX Coworking」を創設。シャルソン創始者。コミュニティづくりをしつつ、旅人の力で世界を平和にするため邁進中。著書に『ぱくぱく!パクチー』(情報センター出版局, 2008)。
Facebook / Twitter / Blog

メルマガ購読・解除

 

paxi house tokyo

This entry was posted in PAX Sunday. Bookmark the permalink.

Comments Closed

Comments are closed.