“仕事人”のためのホームパーティーレシピ Vol.1

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Share on Facebook

このところ小さなことでバタついている高橋尚子です。

こういう時こそ、料理をすると気持ちが落ち着くものなので「料理は苦手!」と思う人にも簡単に作れてしまう忙しい人向けの『ホームパーティーレシピ』をご紹介します。

今回は1月にやった「PAX女子会、冬の陣」のホームパーティーメニューから、どの季節にもぴったりな『豚塊肉のしょうゆ漬け』です。

『豚塊肉のしょうゆ漬け』のレシピ

<材料>

・  豚肉 ロースかモモの塊肉 / 2〜3本

(人数や他の材料に合わせて用意。1本でも可)

・  長ネギの青い部分 / 適宜

(なければ、白い部分でも可)

・  生姜 / 大きめにスライスしたもの

・  醤油

・  料理用酒

・  塩 (海塩か岩塩)

 

<作り方>

※パーティーの2−3日前

1)      豚肉の水気をキッチンペーパーで軽く拭っておく。

2)      豚肉に塩(海塩がおススメ)を薄めに、全体的に塗込むようにまぶし、塩豚の状態にしておく。日持ちさせるためと、臭みを抜くため。塩はまんべんなく、お肉全体に行き渡ればOK。多すぎるとしょっぱくなるので注意する。

3)      ラップにぴっちり包み冷蔵庫へ。パーティーの1−2日前まで冷蔵庫で保存可能。

 

※パーティーの1−2日前

4)      料理用のタコ糸で豚肉をぐるぐるに縛る。(煮崩れないように)

5)      鍋にたっぷりめにお湯を沸かし、生姜とネギを入れ、4)の肉を入れて茹でる。

圧力鍋なら10分、普通の鍋なら30分くらい茹でる。普通の鍋の場合には、ぐらぐらと強めの火で茹でる。お肉はお湯がゆだってから入れる。(うま味が逃げにくい)

6)      ポリ袋にお酒と醤油を半々に入れ、5)のネギと生姜、豚肉を入れてパーティー当日まで(一晩〜2日くらい)漬込んでおく。調味料が豚肉に浸かるよう、肉が空気に触れないよう、ポリ袋から空気をしっかり抜いておく。

※ホームパーティー当日

7)      縛っていたたこ糸を切り、お肉をスライスしてお皿に並べる。

(白髪ネギやグリーンを周囲にあしらえば、豪華さが増します!)

 

 

おススメのポイント

この料理がなぜホームパーティーにおススメの理由をちょと挙げてみます。

 

・  塊肉は、ちょっと豪華で手が込んでいる感じを受ける!

・  豚肉はわりと手頃に手に入る!(価格も手頃だし、スーパーで買いやすい)

・  豚肉は多少茹ですぎても失敗ではない。(茹でる時間が短すぎるのは要注意)

・  パーティーの数日前から作る事ができ、実際の調理時間は短くてすむ。

・  味付けに細かい神経を使わなくていい。

 

いかがでしょうか?

 

実際は2)の豚肉に塩を塗込むプロセスを入れないレシピが多いのですが、塩豚は日持ちが効くので、私はホームパーティの前に豚かたまり肉が売られていたらまず入手しておき、塩豚にして置いておきます。茹でてこの料理にするか、ソテーに焼くか、オーブンで調理するかはギリギリになって決める事もあります。

 

ただし、ひとつだけ注意点を。

塩豚にして数日経つと塩が入りすぎてしょっぱくなります。この場合には7)でスライスの時にごく薄く切るか、6)で漬け汁に浸ける時にゆで汁も入れて薄めるか、の調整をします。ま、しょっぱければしょっぱいで、お酒が進むだけなのであまり深く考えなくてもいいんですけどね。

ではではみなさん、楽しい仕事と楽しいホームパーティーを!

About 高橋 尚子

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Share on Facebook

This entry was posted in Live life Thursday 〜もうひとつの木曜日, Members' Daily Report. Bookmark the permalink.

Comments Closed

Comments are closed.