初フルマラソンで役に立った意外なアドバイス

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Share on Facebook

こんばんは、土曜担当のライター斉藤です。

明日はいよいよ東京マラソン、
そしてPAXのオーナー佐谷さんが主宰する世田谷シャルソンの日ですね!

私は明日、初シャルソンにチャレンジ。
ということで、頭がシャルソンのことでいっぱいなので今日はマラソンの話を。

3年前の那覇。
フルマラソン初挑戦の時、経験者の友人から受けたアドバイスのひとつに、

「ハイタッチはした方がいい」

というのがありました。

給水や給食のタイミング、アップダウンのペーズ配分などの中で、
異彩を放っていたそのアドバイス。
聞いた時は「?」だったのですが、30km過ぎたあたりで「なるほど」と。

にわかランナーにとって30kmから先は未知の世界。
足の筋肉は限界を越え、立ち止まったらもう走りだせない状態です。
あとは気力のみ。自分との戦いです。

そんなときに「がんばれー、がんばれー、あとちょっと」という声援とともに、
差し出される手。

そこで、ハイタッチだったのです。

この効果がすごい。
体験した方は分かると思いますが、手を上げるのも苦しい中でのハイタッチが、
不思議とものすごいパワーになるんですね。

さらに那覇マラソンではゴールの競技場のトラックに 少年たちが立っているのですが、 そこで彼らが最後に、がんばってと言いながら手を差し出します。

結果、4時間52分という初にしてはできすぎなタイムで完走!

フリーハグやフリーハイタッチなどの効果はわかりませんが、
東京マラソンや那覇マラソンに出るなら、ぜひハイタッチはお試しを。

パーティするように走ってみてはいかがでしょうか?

あれから3年。

明日、出場するのはランナーや街と交流するしかけの詰まったシャルソンです。
「記録よりも記憶を大事にする」というソーシャルマラソンで、
コースも時間も自由、給水所は街の協力店。
ゴールはパクチーハウスでのパーティということで、また新しい発見ができそうな予感。

世田谷区内を走りますので、見かけた方、ハイタッチお願いします。
そうしたらフル走れちゃうかも。※画像はイメージです。

About yoko

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Share on Facebook

編集者、ライター、作家、脚本家。最近の主な仕事は通販ライター、メルマガ、電子書籍など。30代女性がターゲットのものが多いです。

This entry was posted in Members' Daily Report, Women's Saturday. Bookmark the permalink.

Comments Closed

Comments are closed.