コワーキングスペースの運営者な話

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Share on Facebook

高幡不動にあるZEN Coworkingが3月31日にオープンしてから、はや1週間以上が過ぎました。
準備に入ってから数えれば、すでに2週間以上にわたってPAXを離れていた勘定になります。

昨日4月8日(日)にPAXで行われたライトニングトーク大会は、久々に凱旋した感のあるイベントでしたが、久しぶりにZEN以外のコワーキングスペースを訪れてみると、場所の違いっていうのは大きいんだなと考えさせられることも多かったです。

コワーキングという仕事スタイルにとって、場所は関係ない、問題は中にいる人だ、とはよく言われるセリフですが、中にいる人間自体が場所に相当影響されることは否めないとも思うんですよね。
だからこそ、コワーキングスペースを始めようと考えている方は、適当な物件が見つかったらそこでいいや…ではなく、慎重にも慎重に選び抜いて場所を選定したほうがいいと思います。

同時に運営者の存在が非常に大きいとも思います。
コワーカーの人たちに積極的にコミットしてゆくというのは、本来のコワーキングという考え方からはちょっと外れているとは思います。
しかし、陰ながらコワーカーの人たちが働きやすいようにサポートすることは重要だし、居心地が良いと感じてもらう努力や、さりげない和やかな雰囲気作りは運営者にとってとても重要な仕事だとも感じています。

自分のやっていることが正しいのか、間違った方向を向いているのか、全然分からないというのが本当の本音なんですが、自分を思うところはきっちり筋を通してやっていきたいと思います。

ということで、特に多摩地区のみなさん、ZEN Coworkingを見物に来てみてください。見物だけなら無料です(^^ゞ。
もちろん23区内のみなさんも遊びに来てくださいねー。長く付き合ってきた人たちと別れ別れって、結構悲しいんです〜(^^ゞ。

ps)Facebookページもやっております。

About JackieYamakawa

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Share on Facebook

一般社団法人EggShell理事長、Avalon Ltd.代表取締役、Social Entrepreneur、多摩地区FaceBook交流会運営。
子育て・介護中の家族をサポートする事業を行う。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントを残す