オーナーズインタビューvol.02 (wwjw2012)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Share on Facebook

ネコワーキング; 水道橋/Tokyo/Japan http://necoworking.com/

広瀬眞之介 Shinnosuke Hirose

<営業時間>
月曜日~土曜日,
朝10時から夜22時まで。

<Worldwide ニャー JELLYWEEK>
1月20日(金)10時~22時
https://www.facebook.com/events/200040070091614/

————————–-
1) 自己紹介をお願します

ネコワーキングオーナーの広瀬眞之介です。
地域活性の仕事をしつつ、ネコと一緒に仕事をしています

2) あなたのスペースについて教えて下さい

地域と働き方を変えるコワーキング施設をやっています。
ネコがいるので、ネコワーキングです。

一見すると繋がりがなさそうですが、
ここはネコの健康の為に無垢の杉材を使った床や、
漆喰の壁などを使っています。

ネコの健康を徹底的に考えたオフィスは、
人間のオフィスや、人間のクリエイティビティにも
良いと考えて、ネコを飼っています。

そして、そのための素材は地方の産品です。
ネコの為に良い環境をつくるためが、
地方の産品を使うことになります。

ネコが地方(≒自然)の入り口に成っているのです。

3) Jellyweek期間中に、何かイベントはありますか

jellyをします。
「Worldwide ニャー JELLYWEEK」

1月20日(金)10時~22時
https://www.facebook.com/events/200040070091614/

4) コミュニティを強化していくための工夫は?

一緒に作ってもらうこと。
漆喰や床ハリも皆様と一緒につくりました。

ネコを入れる事にしたのも、
仲間達へのヒアリングからでした。

広瀬がお金を出して、
みんなが欲しいモノを創っているイメージです。

5) 上記のスキル(コミュニティーマネージメント)を学ぶのに最も役立ったことは?

デジタルハリウッド大学院の合同研究室で、
勝手に人と人を繋いで回っていたこと。

6) 普段の一週間で、何か企画されていることは?(金曜jelly、木曜夜は読書会など)

吉田就彦さんの「戯塾(ざれじゅく)」
・第一水曜日
https://www.facebook.com/events/179054978860537/

よりよく生きるプロジェクトさん「わか活」
・第二・第四水曜日は
https://www.facebook.com/yoriyokuikiruPJ

「起業家の酔いどれ談話室」
・毎月第一・第三木曜日
https://www.facebook.com/events/142425175871416/

「ニャーjelly」
・毎月2日・22日

7) 身近なコワーキングから生まれた最もエキサイティングなプロジェクトは?

ありすぎてよくわからないです。

・経産省の復興支援補助金をみんなで取りにいくのも楽しいし、
・韓国料理のパーティーや、中国語講座。
・障害者支援のプロジェクト。
・地域活性をはじめようとする若者の相談会
・だんご3兄弟のプロデューサーが行なう私塾
・大手企業と個人フリーランス達の協働ビジョン策定
・NPOと企業のマーケティング講座

通常ならあり得ない組み合わせがたくさんあり、
いつも楽しい。

8)スペース運営者/Jelly主催者として、あなたの1番の楽しみ?

全く違う分野や、職種の人達が、
交流したり、協働したりすること。

人と人が繋がって何かが生まれるのを見るのが楽しい。

9) 将来のコワーキングに対するビジョンや期待することは?

コワーキングであっても、なくてもいいのですが、
これからは協働の時代だと思っています。

大手企業であっても、ビジョンは大きすぎて、
一社では出来ない。
もちろん小さな企業や個人でも難しい。

でも、問題は複雑化し、どんどんこれまでの方法では
太刀打ち出来なくなっています。

みんながもてるモノ持ち寄って、
直面している問題に取り組む。

その機能を一部でもコワーキングが担っていきたい、
いけるようにしたいと思っています。

10) 最後に一言!

コワーキング楽しいです!
ぜひ、体験して下さい。
ちなみにうちは、ネコも可愛いし、床も気持ちいいですw

About keiko007

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Share on Facebook

This entry was posted in オーナーインタビュー. Bookmark the permalink.

コメントを残す